薬剤師

ユヤマ(yuyama)の謝恩カード、ポイントを貯めるとカタログから選べます

Pocket

湯山製作所。

調剤に携わる人なら一度は耳にしたことがある会社だと思います。

分包機や調剤棚などの製品には『yuyama』という表記が入っていますね。

この分包機で最も消費される『分包紙』ですが、この芯はリサイクルされるとのことで、湯山の担当者に返すと『謝恩カード』というものがもらえます。

芯1個当たり1点換算で、景品と交換できるようですが、どんなものがあるのか見てみましょう。

ユヤマの謝恩カード

実際に貰える謝恩カードがこれです。

写真の上から1点、5点、10点の3種類があり、ユヤマ社員さんが分包紙の芯の計数後に1個当たり1点として交付してもらえます。

芯を交換してもらうためだけにユヤマさんに電話するのも忍びなく、何かのついでに持って帰って頂いているため、当薬局では溜め込んでしまう傾向にあります。

修理やメンテナンスの時には忘れずに交換してもらうようにしましょう。

インクリボンの回収もお願いしてみよう

分包紙の芯はリサイクルの対象なので積極的に回収してもらえます。

その他、薬局によってはインクリボンもかなりの頻度で使用されているのではないでしょうか。

ユヤマからは使用済みインクリボンはそのまま廃棄しても良いと言われていますが、よくよく考えてみると名前や薬品名など個人情報が満載です。

個人情報保護が強く叫ばれているなか、この個人情報の塊のようなインクリボンを各薬局で安全に廃棄するのはなかなか大変です。

確実に廃棄を行おうとすると、専門の業者に依頼することになり、別途料金が発生してきます。

廃棄に関して一度ユヤマさんに相談されても良いでしょう。

ポイントで選べるカタログはこちら

令和2年4月2日現在のカタログです。
わくわくプレゼントという名称のようですね。

時期によって商品が異なることも十分に考えられますので、都度確認をしていただく方が良いと思います。

金額換算としては、SOYJOYギフトセットが定価900円、ネスカフェのコーヒーメーカーが8000~10000円程度なので、1点=20~30円の換算となりそうです。

交換したいときは申込用紙があるので、そちらに記入して担当者に渡しましょう。

このカタログは、薬局で皆さんが選ぶ自由のある数少ないものではないでしょうか。

どの薬局でも大概、お菓子などで消費されているイメージです。

18ポイント

フィガロクッキーセット

キレイキレイ泡ハンドソープ

30ポイント

フルーツ+野菜飲料ギフト

ブレンディスティック

SOYJOYギフトセット7本

60ポイント

デジタル温湿度計

神戸浪漫スイーツセレクション

草加煎餅

60ポイント以上

具体的な商品名がなかったり、電気ポットやコーヒーメーカーが絵になっているため、変動する可能性が大きいと判断し、紹介は控えておきます。

TORAYのトレシーが結構おすすめ

カタログ右上あたりに掲載されているこれ、案外おすすめです。

掲載されているのは『医療機器向け』らしいのですが、これとほぼ同等の製品かと思います。ユヤマポイントを使うには若干割高な気もするので、こちらは普通に購入が良いかもしれません。

尚、信頼の東レ製品です。

まとめ

ユヤマに限らず、調剤機器の消耗品は自社製品のみとしているところがほとんどで、製造元としては値引きをする必要がなく、結構な価格での購入となっています。

ポイント交換ではぐらかされている気がしないでもないですが、何ももらえないよりはマシと割り切って利用しています。

 

 

[ad01]