塩分(=塩化ナトリウム)の摂りすぎはむくみや高血圧のリスク!体内の塩分を出す方法は?

Pocket

塩分の過剰摂取でむくんだり、血圧が上がりやすくなります

塩分の成分である塩化ナトリウム、特にナトリウムは体内の水分バランスを保っており、水を伴う性質があります。

血液の塩化ナトリウム濃度は0.9%となっており、細胞の内外の水分量のバランスをとっています。ナトリウムイオンで換算すると、細胞内液は15mEq/l、細胞外液(血液など)は142mEq/lとなっています。

塩分を過剰に摂取すると、血液中の塩分濃度が高くなり、それを薄めようと水分が血液内に流入、結果血液量が増加することで血圧が上昇してしまいます。

また、過剰に吸収された水分が皮下へ水分溜まってしまい、むくみの原因となるのです。

塩分の摂取量はどのくらいが良い?

持病によっても異なりますが、基準は以下の通りです。

厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量の目標値男性・・・・8g
女性・・・・7g
高血圧学会の1日あたりの塩分摂取量の推奨値6g未満
腎臓病患者3~6gが理想
人工透析患者6g
WHO世界保険機関の1日の塩分量の目標値5g未満

 

基準は上の表の通りですが、実際の日本人の線分摂取量は以下の通りです。

出典:高槻市HP

[ad01]