妊娠と出産

オリゴ糖だけでは不十分!?そんな時、妊婦も使える便秘薬!飲まない方が良いお茶もあります。

Pocket

妊娠すると便秘がひどくなることも

元々便秘がちだったのに妊娠に伴い、ホルモンバランスの変化、生活リズムの変化、また胎児の成長に伴って腸の神経が伸ばされたりすることで便秘の傾向が強くなってくるケースが良く見られます。

しかし、妊娠中のために飲めない薬があったりします。ここでは妊婦でも使用できる便秘の薬について紹介します。

マグミット(成分名:酸化マグネシウム)

シオエ製薬HPより引用

錠剤や粉が販売されています。

水分を保持し、腸内の水分量を保つことで便通を促します。

マグミット自身はほぼ吸収されません。

量が多すぎると下痢を引き起こすため、自己調節が必要な薬です。

ラキソベロン(成分名:ピコスルファートナトリウム)

帝人ファーマHPより引用

錠剤や液剤が販売されています。

胃や小腸では作用せず、大腸で腸内細菌により分解されて腸の蠕動運動を活発にする成分となります。

ほとんど吸収されずに効果を発揮します。

ポリフル(成分名:ポリカルボフィルカルシウム)

マイランEPD合同会社HPより引用

錠剤や粉が販売されています。

小腸や大腸で水分を吸収して膨張し、ゲル化します。腸管内の水分量を調節する働きがあり、便秘もそうですが、下痢にも効果があります。

こちらも薬は体内へはほぼ吸収されません。

妊娠中は飲まない方が良い薬など

上の3種類は妊娠中でも飲める薬ですが、逆に飲まない方が良い薬としてはアミティーザ、プルゼニドといった薬が挙げられます。

プルゼニドの他、大黄(ダイオウ)を含む漢方は子宮の収縮を促すため、切迫流産を引き起こす恐れもあり避けた方が良いでしょう。意外なところでセンナ茶も同じく避けた方が良いものです。

下のリンク先ような防風通聖散も大黄を含むため、妊娠中は避けておいた方が良いでしょう。
ただ、妊娠されていない方で浮腫みがあって赤ら顔、便秘気味の人は良い効果が期待できると思います。詳しくはまた別の機会にお話ししましょう。

生漢煎 防風通聖散

余談

私の妻の話ですが、妊娠するまではコッコアポEXを飲んでいましたが、成分を見ると防風通聖散であり、妊娠発覚後は服用をしないようにしていました。

しかし元々便秘体質なこともあって、何も飲まないと出なくなるという訴えがあり、市販の3Aマグネシアを購入して飲むことに。

ただ、これだけでは心許ないということで、難消化性デキストリンを食事の度に飲み物に溶かして摂取することにしました。

結果、出産まで便秘らしい便秘はせずに過ごせたようです。

たまたま体質的に合っていただけかもしれませんが、そんな話もあるということで。

実際に飲んでいた3Aマグネシアと難消化性デキストリンは下に商品リンクを貼っておきます。

【第3類医薬品】フジックス 3Aマグネシア 360錠【P25Apr15】

価格:2,400円
(2019/5/30 21:17時点)
感想(0件)

サッとすぐ溶ける 難消化性デキストリン 500g×4【1個あたり664円】国内GMP工場にて溶け易く加工された顆粒 フランス産 非遺伝組み換え 水溶性食物繊維 送料無料 ダイエタリーファイバー 【ラッキーシール対応】 ギフト

価格:2,655円
(2019/5/30 21:14時点)
感想(43件)

[ad01]