薬剤師

30代から始める婚活。成功したい女性には医者ではなく、薬剤師をターゲットにすることをおすすめ。

Pocket

薬剤師って婚活市場ではどんな感じ?

ここ数年、結婚相手として公務員がもてはやされている状況と相まって、

資格持ちの評価が上がっています。

そもそも公務員が婚活市場で上位となっているのも、安定性を重視する風潮が強いからです。

不況が続く中で安定した生活を考えたときに、例えば自営業では不安定さが目についてしまいます。

公務員であれば途中でリストラを受けることはまずありません。

古き良き終身雇用が脈々と受け継がれている職業が公務員ですね。

また、ネットをしているとやたらと出てくる求人広告も薬剤師への評価を上げている一因ではないかと思います。

『これだけ募集があるのなら、薬剤師という資格で仕事には困らない』という思考が生まれるでしょう。

医療職限定のパーティーもあります

男性側が公務員限定のパーティーは良く聞きますが、男性側が医療職限定のパーティーも存在します。

さすがに薬剤師限定だと人数が集まらないので難しいようですが。

婚活に来る薬剤師の男性

参加している男性は30歳以上が多く、比較的年齢層が高めでしょうか。

医療系の職業は夜勤などもあり、忙しい人が多いために年齢が上になりやすいようです。

やや大人しい人が多く、消極的な印象があります。

普段の口数は少なめですが、自分のフィールドであれば饒舌となります。

このとき彼らは周りが見えていないことが多いです。

婚活で薬剤師の攻略方法

攻略を行うに当たって、薬剤師の性質を理解する必要があります。

学生の頃から勉強が出来た自信というものがある人が多く、資格を持っていることに対してやたらプライドを持っている人が多いです。

薬剤師は医師に対しては『先生』と呼びますが、自身が先生と呼ばれることはほとんどありません。

その現実とのせめぎあいが毎日行われており、微妙なバランスの上で自信を保っている状態と言っていいでしょう。

この状態に対して、上からの目線で話をするとまず間違いなく反感を買います。

薬剤師からの好感を買うのであれば、とにかく持ち上げること徹することをお勧めします。

相手のフィールドを把握してから沢山話をさせて、

『博識ですね』『すごく分かりやすいです』

と褒めます。

あまりにあからさまなヨイショをしてしまうとムッとされてしまう可能性もあるので、程々にしましょう。

薬剤師の職種による違い

病院薬剤師

比較的早い時間、18時くらいまでに終わることができます。
しかしながらこの職種のみ夜勤が発生する可能性がありますので、必ずリサーチを入れてください。

日祝など病院の診察が休みであれば休みのところが多いですが、入院患者がいる場合には当番勤務で回しているところも多いです。

本項の3種の中で最も安価な傾向があります。
年収は350~550万程度です。

調剤薬局薬剤師

地域や立地によって大きく異なります。
総合病院前などは18時で終わりますが、個人医院前などは20時を超えることもざらにあります。
なぜか関西圏は遅い時間まで診察をしている医療機関が多く、その影響で薬局も遅くまで営業せざるを得ないところがあります。

夜勤はありません。
日祝も休みのところが多数ですが、稀に門前の病院に合わせて営業しいている薬局もあるため、リサーチが必要です。

年収は400~600万程度がボリュームゾーンです。

MR(医薬情報担当者)

日祝は基本休みですが、平日は医師との面会などで就業時間がまちまちになりがちです。

付き合いで飲み会に参加することも多く、薬剤師の勤務先としては最も体育会系の比率が高いと考えてよいでしょう。

年収は最も高く、400~700万、部長クラスになると1000万も夢ではありません。

[ad01]